皆さんこんにちは!

B-STトレーナーの白石龍太です。

現在、ジェクサーライトジム新宿店・ジェクサー新宿店にて活動をしています。

6月に入りますます気温も上がり、梅雨入りもしたのでジメジメして暑い日はご飯でなはなく麺が食べたい!と思う時があると思います。

そんな時、よく聞くのが「うどんよりそばの方が太りにくい」

これはいったいどうゆうことなのか?

そもそもこの噂は本当なのか?

この皆さんの疑問についてご説明していきます!

3種類のカロリーを比較

まずカロリーを見てみると

それぞれ100gあたり

うどん→105kcal

そば→114kcal

パスタ→150kcal

このようにカロリーだけを見るとうどんが1番少ないです。

「ていうことはうどんが1番太らないじゃん!」

と思いますよね?

結論から言うと答えはノーです!笑

なぜかというと食品にはすべてGI値というものがあって、この値で太りやすさが変わってくるのです!

GI値とは食後の血糖値の上昇度合いを示すGI(グリセミック・インデックス)が、その指標として使われています。

糖質は消化されるとグルコースになり、身体に吸収されます。そのスピードを食品ごとに比較、ランク分けしたのがGI値です。もっとも速く血糖値が上がるグルコースの100を最大値として、その相対評価として示されています。

GI値が高い炭水化物は食後、急激に血糖値を上げてしまうので身体への負担が大きく、肥満の原因になります。

3種類のGI値を比較

 

一方、GI値が低い炭水化物は血糖値の上昇が緩やかなので身体への負担も少なく、太りにくいのです。

例えば、皆さんがよく食べている白米はGI値が76。玄米は62。

だから玄米より白米の方が太りやすいということになります。

この考えで先程の麺類3種類のGI値を比べてみると

うどん→62

そば→46

パスタ→65

このようにそばが1番低いのです!

この3種類のカロリーとGI値を見てみると

「kcal」はそこまで大きな差はないですが、「GI値」には結構差があるので、その結果そばが1番太りにくいということになります。

その他にも、そばには栄養素が豊富に含まれていて、ポリフェノールやビタミン群、アミノ酸などボディメイクには欠かせない栄養素を摂ることができます。

これらのことからダイエットにはそばが向いているということになるのです!

まとめ

これから夏に向けてダイエットを始める方やすでに始めている方も、食べるものを選ぶ時にこの「GI値」に注目してみるのをオススメします!

その結果、太りにくくするための正しい食品選びをすることでき、自分が思い描いている理想の身体に一歩一歩近づいていけます。