トレー二ングしてる人に必須!グルタミンで筋肉分解を抑え免疫力アップさせるリアルに使えるサプリメント

皆さんこんにちは。

B-STプロトレーナーの茨木です。

今回は、良くトレーニングが終わった後にプロテインに入れて飲んだりしている「グルタミン」を紹介していきます。

グルタミンは身体に一番多く存在するアミノ酸で、体内の全遊離アミノ酸中60%を占めています。

身体には非常に多くのグルタミンが必要であるため、普段は筋肉や血液中に大量にストックしています。体内でも合成されるので非必須アミノ酸に分類されていますが、風邪を引いた時、疲れが溜まっている時、運動をした時など、身体にストレスがかかっている時は大量に消費されるため、食品からも積極的に摂取して欲しいアミノ酸です。

 

グルタミンの主な効果

筋肉の分解の抑制

運動をした時、風邪を引いた時、ケガをした時など、身体にストレスがかかった時はグルタミンが大量に消費されます。身体にストックしていたグルタミンが足りなくなると、筋肉を分解してグルタミンを供給するようになります。これが激しいトレーニング時や、体調が悪くて寝たきりの状態の時に筋肉が失われる理由のひとつです。適切にグルタミンがしっかり補給されていれば、筋肉の分解は抑制されます。

免疫機能の向上

グルタミンは細菌やウイルスの侵入を阻止してくれる腸管絨毛のエネルギーにもなります。1日に0.2g/kg以上の摂取量で免疫機能を高められる可能性が示唆されてます

免疫機能を高める目的でグルタミンを摂取する場合は、1日に0.2g/kg以上の摂取量が推奨されます。質のよいトレーニングの維持や、日頃の体調管理のためにもグルタミンは有効です。

 

摂取タイミング

運動後

長時間の運動によって血液中のグルタミン濃度は下がり、体は筋肉を分解してグルタミン濃度を保とうとします。せっかくのトレーニングが逆に筋肉を減らしてしまうことにならないようにするのと、免疫力を上げてしっかりと体調管理を行うためにも運動後にグルタミンを摂取することをおすすめします。

就寝前

寝ている間は成長ホルモンが分泌されます。グルタミンは腸管や免疫細胞のエネルギーになるので、疲れが溜まっている、風邪を引いている時などは就寝前に摂取することをおすすめします

 

まとめ

グルタミンはトレーニングをしている人もしていない人でも普段から必要なサプリメントだということがわかりましたね。ということは、筋トレしている人はマメに摂取しないと身体が弱ってしまい筋肉の分解も起こってしまうので飲むように心がけましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

茨木将之

TIP.X.(ティップクロス)TOKYO新宿を中心に活動中。 元機動隊からパーソナルトレーナーへ。様々なご要望のお客様に対応できるトレーニング種類の豊富さと提案力を持ったトレーナー。

厳しい一面もありお客様から見た目とのギャップもあり満足度高い評価を頂いております。
一人一人に合わせたトレーニングプラン設計から、日々の食事制限などまで、丁寧にサポート致します。