皆さんこんにちは!
現在、ジェクサーライトジム新宿にてパーソナルトレーナーとして活動している白石龍太です。

今回は背中のトレーニングについてお話したいと思います!

皆さんは背中のトレーニングを行っていますか?

背中の筋肉を鍛えることで逆三角形の身体になるだけじゃなく、肩こりや姿勢改善にも繋がるのでとても大切な部位になってきます

しかし背中のトレーニングをしても腕や肩が先に疲れたりすることはありませんか?

心当たりがある方はもしかしたらやり方が少し間違ってるかもしれません。

今回はそんな方に向けて、背中にちゃんと効かせる方法をお伝えします!

広背筋の機能

①気をつけの姿勢から手を身体の方向に向かって動かす動き。

白石龍太、ライトジム新宿、ジェクサー新宿、パーソナルトレーナー

②気をつけの姿勢から手を後ろに動かす動き。

白石龍太、ライトジム新宿、ジェクサー新宿、パーソナルトレーナー

③手を逆時計回りにひねる動き。

白石龍太、ライトジム新宿、ジェクサー新宿、パーソナルトレーナー

主にこの3つの動きをする時に使われる筋肉です。

この動きを組み合わせると自分のお尻に手を持ってくる動きになるので、実は用を足して紙で自分のお尻を拭く時に使われています。

広背筋の種目を行う際にこの3つを意識するだけでも違います!

広背筋を鍛える代表的な種目、ラットプルダウンで具体的なポイントを挙げると

①引っ張る位置は鎖骨辺り

ラットプルダウン、背中、広背筋、逆三角形、白石隆太、ジェクサー新宿、ライトジム新宿、パーソナルトレーナー、肉体改造

これが前過ぎると腕の筋肉を使って引っ張ってしまうので注意です

②姿勢は少し反るぐらい
③フィニッシュの時は胸を張る

ラットプルダウン、背中、広背筋、逆三角形、白石隆太、ジェクサー新宿、ライトジム新宿、パーソナルトレーナー、肉体改造

視線も少し上を向く。
これがとても大事なポイントで胸を張れないと背中には効きづらいです!

まとめ

最初は軽い重さで背中に効く感覚をつかむことから始めることをオススメします!

背中にはたくさんの筋肉があり自分では見えない部位な為、他の部位よりも丁寧に正しいフォームで行う必要があります。

フォームを鏡やビデオで確認しながら少しずつ修正していって背中に効かせる感覚を掴んでいきましょう!