筋トレあるあるネタ

皆さんこんにちは。
B-STトレーナーの白石龍太です。

今回は、年内最後の記事という事でお客様への感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

このパーソナルトレーナーという職業はお客様がいて初めて自分の存在価値が生まれるものだと思います。
身体づくりをしたいお客様がいるからトレーニングを教える事が出来るし、マガジンを読んでくださるお客様がいるから記事に価値が生まれます。

お客様がいてこその自分。

というのはどの職業にも共通して言えることかもしれませんが、他のご職業の方に比べても人と人としての関わりはとても強いと思います。
その分、強い責任を感じますし、直接感謝の言葉を言って頂くこともあります。

いま現在、パーソナルトレーニングを受けて下さっている、50代男性のお客様がいらっしゃいます。
この方は運動経験はほぼ無く、長時間運転するお仕事で長年強い肩こりや膝痛で悩んでいらっしゃいました。
最初は運動不足改善という理由で入会したはいいものの、何をしたらいいのか分からないし、下手にトレーニングをしたらどこかを痛めてしまいそうでジムに来ても少しウォーキングをして帰るだけでした。
そんな時にパーソナルトレーニングの存在を知って頂いて、このままずっと1人でやっていても変化が無さそうなので試しに2ヶ月だけ一緒にトレーニングをしていくことになりました。
最初にトレーニングをする前に身体を診させて頂いたのですが、全身の筋肉が硬くなってしまっていて、肩が前に出て、猫背になっている状態でした。
原因は運動不足による筋量の低下と長時間同じ姿勢でいることによって筋肉が過度に緊張してしまっていることです。この状態のままトレーニングだけを行なっても、可動域が狭いので効率が悪いのと、ケガのリスクが高いという理由からストレッチを行いながらトレーニングをしていくことになりました。

最初はストレッチメインで体幹トレーニングや自重トレーニングで基礎的な筋肉をつけていきました。
1ヶ月もすると代謝が上がって運動中の汗のか量が多くなったり、階段の登り降りが楽になるなど小さな変化が見られました。
3ヶ月もするとだいぶ筋肉の緊張も解けて、マシンやバーベルを使ってのトレーニングも行えるようになっていきました。
この頃にはズボンのベルトのサイズが変わる、肩こりや膝痛も軽減、猫背が改善など大きな変化が見られるようになりました。
9ヶ月経った今では70㎏の重りを担いでスクワットをしたり、腹筋も20回楽に出来るまでになりました。膝痛、肩こりもほぼ無くなり、普段の生活で困ることが無くなったそうです。

そして先日この方から「白石君がいなかったらこんなにジムに通い続けることは出来なかったし、身体を変える事はできなかった。ありがとう」というお言葉を言って頂きました。
僕はこのお言葉を言って頂いた時に、このお客様の人生を少しでもいい方向に進める手助けが出来たと思うととても嬉しかったし、それと同時にもっとたくさんの方の身体づくりをサポートをさせて頂くことで感謝されたいと感じました。

僕はお客様に感謝していただくことがモチベーションに繋がるし、この仕事のやりがいでもあると思っています。
お客様の運動や正しい食事をサポートさせて頂き、その結果、身体が変わっていくことで「友人に身体が変わったと褒められた」「まえは着れなかった服が着れるようになった」「筋肉がついてきた」などのような言葉を聞くと、もちろん身体が変わった本人も嬉しい気持ちだと思うし、それ以上にトレーナーも嬉しい気持ちになります。

だから、僕自身がお客様のお言葉に支えられているし、力になっているのでお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

これからも勉強とトレーニングで自分自身の心と身体を磨きながらお客様の要望に応えられるように努めてまいりますので来年もどうぞよろしくお願い致します。