トレーニングの質や効果を上げたい人は絶対に空腹状態のままジムに来ないで!!

こんにちは!

B-STプロトレーナーズの櫻井です。

現在、東急スポーツオアシス 新宿店、ボディメンテナンス麹町店にて活動しております!

今回は空腹時のトレーニングについてお話しします!

よくセッションを受けられるお客様の中にも、トレーニング前に空腹の状態で来る方がいますが。できればそれはしないでほしいです。

その理由がなぜか。これから読んでもらったことで皆さんの考えが変化していたらければ幸いです。

 

なぜトレーニング前に空腹はダメなの!?

トレーニングをする際に身体の中で主なエネルギーになるのが炭水化物(糖質)です!

空腹時や長時間のトレーニングをして体内の炭水化物(糖質)が不足してしまうと、筋肉を構成するタンパク質を分解してエネルギーを作り出されます

タンパク質は身体を構成する上でとても大事な栄養で筋肉を作るためには欠かせません。

せっかくトレーニングを頑張っているのに体内の炭水化物が不足したことによって、タンパク質を分解してしまうと筋肉をうまく合成できません。

また、ダイエット中の方も空腹時でトレーニングをしても、筋肉が落ちてしまい体重が減ったという喜びが、実は脂肪はそんなに落ちてなくリバウンドしやすい身体になっています。

嫌ですよね。せっかくお金と時間をかけているのにそんなことになるなんて。

空腹時のトレーニングは血糖値が下がっているので本来持っている力が出にくかったり、集中力が続かなかったりトレーニング自体の質が下がってしまいます。

 

空腹時のデメリット

・力が出ない

・集中力の欠如

・怪我のリスクが高くなる

・トレーニングの質が落ちる

・すぐ疲れる

 

☆食事の摂取タイミング

 

理想はトレーニング2〜3時間前には炭水化物(糖質)を含んだ食事をすることで、トレーニング中も集中力、スタミナも続きやすく、質の高いトレーニングを行うことができます!

30分前:ぜリー状の飲み物

1時間前:バナナ

2〜3前:おにぎりや大盛りにしない消化のいい定食など。

なかなか食事が取れない場合でもドリンクやゼリーなどを多用して、なるべく空腹でのトレーニングは避けて下さい!

 

直前に食べすぎるデメリット

・体調不良

・消化不良から吐き気、嘔吐

・副交感神経が優位になり力が出にくくなる

・血糖値が上がり眠気が増すことによる集中力の欠如

 

まとめ

ジムに来てトレーニングをするみなさんは絶対に身体を変えて違う自分に生まれ変わりたいと強く思っているから時間やお金をかけているんですよね。その気持ちを無駄にしてほしくないため、今までできてなかったなという方は今回ご紹介したことをできるだけ守って、無駄のない効率のいい方法でジムに通って身体を変えていってくださいね。

それでは本日も楽しいフィットネスライフを(^^)/

ABOUTこの記事をかいた人

櫻井亮

ボディメンテナンスB−ST麴町店にてストレッチトレーナーとして活動しております。
明るく楽しく筋トレを愛するトレーナーです。

【コンテスト実績】
サマースタイルアワード2017 日本大会出場。