皆さんこんにちは!B-STプロトレーナーズの平井和歌子です^

普段ジェクサーライトジム新宿店で主に活動させていただいています。

桜も都内は終わってしまい、気温も上がり陽気になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

2018年度も始まりましたが、新しい自分を見つけたい、変わりたい、と考えていらっしゃる方はいらっしゃいますでしょうか^^?

幾年か前の私にもそんなことを考えた時期がありました。

そのキッカケがあり、初めて試してみた事がスポーツクラブに入って運動をしてダイエットをすることだったことを思い出します♪

今回のマガジンでは私、平井和歌子のこれまで経験してきた中での

★身体づくりをするにあたって気をつけている食事法

★トレーニングでこだわっていること

★トレーニングに対して思う事

を少し、ご紹介したいと思います!

★身体づくりをするにあたって気をつけている事、食事法★

まずは3食きちんと、バランスよく食べることを心がけています

以前は私もダイエット=食べないの意識でした。

ですがトレーニングや運動を始めてからというもの考え方が一変したんです^^

なぜならザックリと言うと、

1.いつまでも健康な身体でいたいと言う思いを優先してダイエットするとするならば

↓                ↓                    ↓

2 .栄養を摂らなきゃいけない

↓                ↓

3 .ご飯をバランス良く食べれば良い

と言う意識に置き換えることができたからだと思います。

バランスの良い食事とはどんな食事か!?

1.穀物などの主食
米飯、パンなどの穀物類に多く含まれる糖質は、いわゆる「炭水化物」です。炭水化物は、身体に吸収され血中で糖となります。この糖は、すぐにエネルギーになりやすく、身体や脳を動かす即効性の高いエネルギー源として使われます。

しかし、エネルギーとして使われずに余ると、インスリンというホルモンによって脂肪に換えられ、体内に蓄えられてしまいます。食事をしてすぐにパワーを出すために大切なエネルギー源ですが、余分な糖質は脂肪のもとになるので摂り過ぎは禁物です。


2.肉、大豆などのタンパク質
魚、肉、卵、乳製品、豆類には「たんぱく質」が豊富に含まれています。このたんぱく質は消化吸収されると「アミノ酸」に分解されますが、いろいろな種類があり、それによって分解されてできるアミノ酸の種類や生理作用も異なります。

アミノ酸は、筋肉をはじめ、内臓、髪、爪などの成分で、ホルモンや酵素、免疫細胞も作ってくれる優れものです。身体細胞の基本成分であり、遺伝子情報のDNAもアミノ酸から作られています。アミノ酸は大きく分けて2種類あり、体内では作ることができないため、食べることで摂取しなくてはならない特別なアミノ酸「必須アミノ酸」があります。

このため、さまざまな種類のアミノ酸を含むたんぱく質をしっかり摂らないと、免疫機能が低下して病気にかかりやすくなったり、生理不順などホルモンのバランスが崩れたり、筋肉が衰え、髪や爪に潤いがなくなったり、いろいろな不調を引き起こします


3.ビタミン、ミネラルが入った野菜…ダイエットしたい人にとって大事なポイントなるのは野菜です。ビタミン・ミネラルが豊富でカロリーが低いものが多いので、野菜をを積極的にたくさん食べて満腹感を出すように利用すると、満足感もありカロリーの摂り過ぎが防げます。

★トレーニングにこだわていること★

私がトレーニングにこだわっていることは毎日続けることと、質にこだわっています^^

そのためにトレーニングする部位も分割にして胸、背中、肩、脚というルーティーンでトレーニングもしています。

なぜかというとトレーニングで筋肉を疲れさせるので一つの部位が筋肉痛になっている時にまた新しい部位を刺激することによって効率が上がるためです。

★トレーニングに対して思うこと★

トレーニングは私のちょっとしたきっかけ(ダイエット)で始めた趣味でしたが、

ハマっていくうちに生活習慣が変わったり、考え方が今までよりもポジティブ思考になったり、新しいボディコンテストと言う世界に導いてくれたとてもかけがえのないものであり、いまでは職業にもなり自分の生活になくてはならないものになりました♪

これからトレーニングを始めようと思っている方!是非お勧めします^^

【Before】

平井和歌子

【After】

平井和歌子、パーソナルトレーナー、ジェクサー新宿、ライトジム新宿