トレーニング前の怪我予防+効果アップ!ダイナミックストレッチ5選

 

B-STパーソナルトレーナーの田中俊です。
現在、ジェックサー新宿店で活動させていただいてます。

皆さん!!!

ウォームアップ

。。。正直面倒くさいなぁ

そう思っているそこのあなた!!

ウォームアップも良いことがあってとても大切なんです!!

ウォームアップも種類と段階があります。

例として

1.有酸素運動
2.フォームローリング
3.静的ストレッチ
4.動的ストレッチ
5.アクティベーションドリル
6.メインセット前の軽い重量でのセット

の6つの種類とステップがあります。
本日はトレーニング前のウォームアップとして行う動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)の部分ついて紹介したいと思います。
そこでまず動的ストレッチについてお話する前に何故ウォームアップをするのかについて説明させて頂きます。

何故ウォームアップするのか??

1.神経伝達が働くようになる

ウォームアップを行うと神経が活発に働くようになり、脳から身体を動かそうという命令が筋肉にスムーズに伝わるようになります。
力が出しやすくなるだけでなく、動作をスムーズに行えるようになることで、適切なフォームを維持しやすくなると期待できます。

2.身体を温める

ウォームアップで筋肉を動かすことによって身体を温めることができます。深部体温を上げることで、筋肉に怪我を負うリスクが抑えられると考えられています。
こういったメリットがあるので怪我予防、パフォーマンスの向上の為にもしっかりとウォームアップを行ないましょう。

ダイナミックストレッチ

1.レッグスイング(前後)

平井和歌子、レッグスイング、ダイナミックストレッチ、ウォーミングアップ

ハムストリングスや太もも前側の付け根に硬さを感じる場合に行うと効果的です。各脚10回を目安に行います。

2.レッグスイング(左右)

平井和歌子、レッグスイング、ダイナミックストレッチ、ウォーミングアップ、ジェクサー新宿、ライトジム新宿

内ももやお尻の外側に硬さを感じる場合に行うと効果的です。各脚10回を目安に行います。

3.キャットアンドドッグ

平井和歌子、キャットアンドドッグ、ダイナミックストレッチ、ウォーミングアップ、ジェクサー新宿、ライトジム新宿

腹筋, 背中上部, 腰に硬さを感じる場合に行うと効果的です。10回を目安に行います。

4.胸

平井和歌子、ダイナミックストレッチ、ウォーミングアップ、ジェクサー新宿、ライトジム新宿

胸を開きやすくするために行います。
10回を目安に行います。

5.足首

平井和歌子、足首回し、ダイナミックストレッチ、ウォーミングアップ、ジェクサー新宿、ライトジム新宿

足首に硬さを感じる場合に行うと効果的です。各脚10回を目安に行います。

*注意
反動を使って動かしたり、急に止めたりしない!
小さく動かし始め、徐々に動きを大きくしていく!
ゆっくりと動かし始め、徐々に動きを速くしていく!
呼吸を止めない!

以上です。

たくさんあって紹介しきれないのですが、今紹介したダイナミックストレッチは誰でも簡単に行えるので毎回のトレーニング前のルーティーンにしましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

田中俊

ジェクサー新宿店を中心に活動中。
いかつそうな外見とは裏腹に、丁寧で質の高いトレーニングが受けられると多くの方から評価を得ているトレーナー。

トレーニングの質の高さは、自身の体つきが証明しているようなもの。
ぜひ一度パーソナルトレーニングをお受けになってみては?