ボットではないことを証明してください: 4   +   4   =  

 

B-STトレーナーの茨城です。
現在は、ティップクロス新宿とジェクサー新宿でパーソナル活動をしています。

前回は、内臓脂肪の落とし方について書きました。まだ、読んでいない方は下記をチェックしてください。

→「内臓脂肪は落ちやすい!!結果を求める人向けのトレーニング4選

今回は、皮下脂肪の落とし方についてご紹介していきたいと思います。
皮下脂肪は男性よりも女性に多くつきやすい傾向にあり、内臓脂肪よりも落とすのに大変だということは以前2つの脂肪を比べる記事の時にお伝えしましたね。

皮下脂肪が落ちにくい理由とは!?

皮下脂肪が落ちないいちばんの理由。
それは皮下脂肪が「備蓄用のエネルギー」だということが挙げられます。

例えば、災害などに遭遇して食事ができなくなったとします。
そんな時、私たちの身体は生命を維持するために、備蓄用のエネルギーである皮下脂肪をエネルギーとして使うようになります。

皮下脂肪が簡単に落ちてしまっては、危機が訪れた時に生命を維持するためのエネルギーがなくなるため、身体にとって都合が悪いのです。
だから、皮下脂肪はそう簡単には落ちないんです。

運動時にはまず使われるエネルギーは「ブドウ糖」です。ブドウ糖は、炭水化物などに含まれる糖質が体内に入り作られます。
作られたブドウ糖は、一時的に肝臓や筋肉に備蓄され、運動する時にエネルギーとしてすぐに使われます。
つまり、運動を始めると身体からだんだんブドウ糖が失われ、それに反比例して体内の脂肪がエネルギーとして使われていきます
皮下脂肪にかかわらず、身体にたまった脂肪を落とす方法の最有力は「運動」です。
運動をすれば、

ブドウ糖→内臓脂肪→皮下脂肪 】の順でエネルギーになるので、運動を長く続ければ続けるほど皮下脂肪を落とすことができます。
皮下脂肪を最も効率良く確実に落とす方法は前にも紹介した、有酸素運動筋トレそして食事制限の3つを行うことが一番の近道になります。

→「運動しても痩せないと思っていた人必見!!皮下脂肪と内臓脂肪の撃退方法はたった2つでした!!

地道ではありますが、やれば必ず落ちるので根気強くやってみましょう!

皮下脂肪を減らす方法として先ほどの3つがオススメなのですが、実は「漢方」でも皮下脂肪を燃焼することが出来ます。
漢方で防風通聖散という成分があるのですが、これがエネルギーの消費力を高めてくれるため、皮下脂肪を減らすことが出来ます。

まとめ

漢方なので薬のように副作用が多いわけではなく、かなり少なくなっているため安全でオススメです。
ただこの漢方を飲むことだけでは当然、皮下脂肪がどんどんと減ってくれるわけではありません。
運動、食事制限をした上でプラスアルファと考えて試してみるといいかもです。