B-STプロトレーナーの岡田 光です。
現在、ティップクロス渋谷で活動してます。

今回は、冬にダイエットをすると実は、1年の中で最も効果があり「ダイエットの季節」とも言われています。
冬は寒く厚着になるので身体を隠せるのでダイエットから意識はすごく離れますが、冬が終わり、薄着になったとき自分の身体を見て驚愕しないようにしてほしいと思います。
そのためにも、今できることを最低限行なってもらえたらと思い今回書かせていただきました。

1.冬でこそ代謝が上がる。

通常夏の方が代謝が上がりやすいと考えガチなのですが。実は冬の方が代謝は上がるのです。その理由は、人間は常に36度前後の体温で活動しなければいけないからです。夏は外の気温が体温より高いので冬に比べて代謝は上がりににくいです。しかし冬は外の気温は体温より低いので体温を上げようと代謝を上げる。代謝と体温はすごく関連があり体温が1度上がると基礎代謝は約12%以上上がるとも言われています。

2.冬の食べ物

先程1つ目で説明した体温が上がると代謝が上がる。これと繋がっていきます。冬の季節は寒いので温かい物を食べますよね。
例えば鍋です。必然的に鍋は色々な栄養素も摂取する事も出来、そこでキムチ鍋を食べると代謝が一段とアップします。
そこに入れる旬の根菜類。根菜類は身体を温める効果があると言われています。根菜類は他にも効果があり、ミネラルが豊富にあるので、特にカリウム、ビタミンC.E、鉄が豊富にあります。冷え性や貧血の方には特にオススメです。カリウムは体内にある余分な水分を排出することにより、塩分を摂り過ぎた時のむくみの改善効果もあります。

3.湯船に浸かる

湯船に浸かる事により、体温は上がり、リラックス効果があります。夜寝る前に湯船に浸かるリラックス効果と体温、代謝タブルアップにより冷え性の改善効果もあります。身体が温まった状態でお布団に入る事で代謝を下げずにリラックスしながら眠りにつくことが出来ます。またリンパにもプラスの影響があり、リンパ液の循環を良くする事により液の中にある老廃物を回収してくれるため、むくみの改善に繋がります。リンパ節は特に首、鎖骨、膝、腰がわかりやすく軽く押し流して上げればより効果が出ると考えられます。

4.外でのランニング、ウォーキングをする。

なぜ外なのかというと外の気温が10以下になる事で内臓の温度を維持しようとし、脂肪燃焼効果があるからです。筋トレをしてから帰り道少し遠回りをしてウォーキングをする事によります脂肪燃焼効果は絶大です。筋トレ後はちょっとという方でもジムの中でウォーキングするよりも冬のイルミネーションを見ながら是非やってみてください。ただし、冬なのでしっかり暖かい格好をして体調を崩さないように十分に注意してくださいね。