ボットではないことを証明してください: 8   +   1   =  

 

B-STパーソナルトレーナーの茨木です。
現在、ティップクロス新宿とジェクサー新宿で活動しています。

前回の記事でもお話ししたように内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすいのが特徴です。

→「運動しても痩せないと思っていた人必見!!皮下脂肪と内臓脂肪の撃退方法はたった2つでした!!

そして、内臓脂肪、皮下脂肪ともに落とすには有酸素運動と筋トレが効果的です。
今回は、筋トレの中でもオススメなトレーニングを4つ紹介します。

内臓脂肪に効果的なトレーニング

1.スクワット

スクワット、ダイエット、下半身ダイエット、引き締め、シェイプアップ、お尻

【注意ポイント】
①つま先と膝が必ず同じ侵攻方向を向いていること。(膝を痛めやすくなります。)

②しゃがんだ時に膝がつま先より前に出ないこと。(膝を痛めやすくなります。)

③椅子に座るような感覚でお尻を少し後ろに引きながらしゃがみましょう。

④背中は丸くならず、胸を張った状態を維持したまま上下に動くようにします。

【回数・セット数】20回×4セット

スクワットは主に足を中心としたトレーニングです。
足はカラダの中でも大きな筋肉なります、大きな筋肉を動かす事でそれだけ消費カロリーを増やす事が出来るので効果的です。


2 リバースランジ

リバースランジ、ダイエット、下半身ダイエット、引き締め、シェイプアップ

【注意ポイント】
①立ったまま足幅は腰幅にし、両手を真っ直ぐ前にあげます。

②片足のカカトに重心を乗せたままで、もう片方の足を後ろに引き、肩~膝~地面が一直線になる様に真っ直ぐ降ろしましょう。

③後足の膝が床についたら、元の開始位置に後ろ足を戻します。

④開始位置に戻る時も、前足のカカトに重心を乗せたまま立ち上がります。

⑤片足を交互に後ろに引いていきますが、外に開いたり、内側にクロスしない様に平行移動を行う事を意識して足を動かしていきましょう。

【回数・セット数】15回×3セット

リバースランジも足を中心としたトレーニングで、オススメです!


3.プッシュアップ

プッシュアップ、腕立て伏せ、シェイプアップ、引き締め、二の腕、胸

【注意ポイント】
①つま先から頭はまっすぐ一直線をキープする。

②手はバストトップの真横に置く。

③動作中に腰が下がらないようにする。(腰を反るので痛めてしまう可能性あり。)

【足を伸ばしてできない方用】

プッシュアップ、腕立て伏せ、シェイプアップ、引き締め、二の腕、胸

足を伸ばして動作を行うことができない方は、膝をついていただくと負荷が軽くなるためしっかりできますので試してください。

【回数・セット数】10~15回×4セット

プッシュアップ→腕立て伏せですが、主に胸のトレーニングで、肩や腕またカラダの真っ直ぐに保つのに体幹も使うのでより多くの筋肉を一度に使う事ができます。
なので、消費カロリーも増やせて効率的です。

 


4 バービー

【注意ポイント】
①まっすぐな上体から両手をついてしゃがみます。

②両手で身体を支えならが、両脚を後ろへ飛ぶように投げ出す。
③この時、身体はまっすぐになるが、着地した勢いで腰が反りやすくなるためお腹にも力を入れ忘れないで腰のフォローをする。
④両脚を自分の胸の方に戻してきたらそのま起き上がってスタートポジションに戻る。

【回数・セット数】10~15回×3セット

筋トレというよりは、有酸素運動に近いトレーニング種目です。
心拍数が上がり、また途中にプッシュアップも入れると筋トレにもなります。

まとめ

以上が私がオススメする内臓脂肪を落とすのに効果的だと思うトレーニング種目です。
お腹の内臓脂肪落とすのに腹筋をやりたくなるかもしれませんが、腹筋をやるよりもこの4つのトレーニングをしっかりやる方が何倍も効果的です。
それぞれのフォームについては過去に掲載してるので参考にして下さい!